減塩にこだわったドッグフード

健康志向が高まっている現在、調味料などでも「減塩」がブームになっています。
人間にとって塩分の取りすぎは、高血圧の原因にもなるので注意が必要です。
これは、愛犬にも共通して言えることです。

犬にとって必要な塩分は、人と同じで体重1kgあたり10mg~50mgと言われています。
この数字だけ見ると塩分は多く必要に思えますが、犬は人よりも体重が少ないので、塩分量も少なくなります。

「犬には塩分は必要ない」という意見があります。
これは犬は汗をあまりかかないので、塩分が排泄するのが少ないというものです。
実際は尿に混ざって排出されるのでこの説は信用できません。

塩分を取りすぎると、ワンちゃんは水を多く飲みます。
すると血液の量が増えて、心臓に負担がかかります。
これが続くと様々な心臓病のリスクが高まります。
また、腎臓病への負担も大きくなり、腎臓病へ発展する危険性も少なくありません。

人が食べるものには塩分が多く含まれているので、愛犬が欲しがっているからと与えすぎると塩分過多になってしまいます。
また、ドッグフードの「おやつ」も塩分が多めになっているので要注意です。

健康なワンちゃんであれば、一般的なドッグフードを普通に与えていれば、問題はありません。
逆に塩分を控えると他の犬のおしっこを舐めたり、土や壁などを舐めるようになります。
このような行動が出た場合は塩分が不足しているので注意しましょう。
塩分不足が進むと結石などの病気にもなります。
健康なワンちゃんには無理して塩分を少なくすることはしないで下さい。

腎臓病や心臓病が気になるワンちゃんには、塩分の少ない「療法食」タイプのドッグフードがオススメです。
塩分が少ないと味も薄いと思われがちですが、原材料に肉や魚がたっぷりと使われているので、ワンちゃんにとっては満足感のあるドッグフードになっています。

病気でなくても高齢になると、塩分の摂り過ぎには注意が必要です。
減塩タイプのドッグフードを試してみるのも良いでしょう。