歯磨きに最適なドッグフード

愛犬にとって歯の健康も大切です。
歯が弱ければ食事も上手に取れませんし、歯周病になると様々な病気に発展する危険性もあります。
特に高齢になればなるほど、歯周病のリスクは高くなります。
歯周病で手術するワンちゃんも少なくありません。

人と同じように、歯の健康を維持するためには「歯磨き」が不可欠です。
しかし、犬は人と違って自分で歯を磨くことはできません。
飼い主が磨くしか方法はないのです。

いきなり歯磨き粉をついた歯ブラシを口の中に入れたら、ワンちゃんは驚いてしまいます。
まずは、歯ブラシでなく指に歯磨き粉をつけて磨くことから始めます。
徐々に慣らしていき、歯ブラシでの歯磨きに移行していくようにします。

歯磨きの習慣も大切ですが、歯周病を予防するためには、口の中を清潔に保つことも大切です。
おもちゃや「歯磨き用ガム」などを使って予防する方法もあります。

愛犬の中には、どうしても歯磨きを嫌がる場合もあります。
このような時には、食事で予防する方法があります。

食べながら同時に歯垢がとれるようになっているドッグフードです。
ドッグフードの形が歯との接触面が大きくなるように工夫されています。
犬の歯は人間と違ってとがった形をしています。
とがった形の歯は歯石や歯垢がたまりやすくなります。
接触面が大きくなることで、歯垢が取れやすくなるのです。

犬の口の中は、人と違ってアルカリ性になっているので、本来は虫歯菌が繁殖しにくくなっています。
しかし、ドッグフードなどを習慣的に食べることで歯石や歯垢が溜まりやすくなっているのです。

また、歯磨き効果のあるドッグフードは、丸飲みができないような大きさになっているのも大切なポイントです。
エサを丸飲みできないと、唾液が出やすくなります。
つまり、唾液によって口の中の歯周病菌の繁殖を抑えられるのです。

歯周病の予防には、こまめな歯磨きが大切ですが、歯磨きが嫌いなワンちゃんには、歯磨きのかわりに、歯垢を取る効果のあるドッグフードを与えるのも選択肢のひとつです。