ドッグフードの賞味期限

食品を購入する時に、ほとんどの人は「賞味期限」をチェックするはずです。
少しでも賞味期限の長い物を選ぶ人もいるでしょう。

「賞味期限」とは、「未開封の状態で、定められた方法で保存した場合、期待されるすべての品質の保持が十分可能であると認められる期限を示す年月日(農林水産省Q&A)」の意味です。
簡単に言えば、「美味しさの目安」です。

ドッグフードの賞味期限の場合、この美味しさの目安はどう決められるのでしょうか?犬がドッグフードの美味しさを感じるのは、「匂い」です。
ほとんどのドッグフードは、ワンちゃんが美味しく食べられるように製造工程の最後にオイルでコーティングして風味をつけています。
このドッグフードの「風味」がどのぐらい持つのかで、賞味期限が決められるのです。
多くのドッグフードは、1年ぐらいが賞味期限になっています。
これよりも賞味期限が長いドッグフードは、危険な保存料が配合されている場合があるので、注意が必要です。

賞味期限内だからと言って、開封したら条件は違ってきます。
多くのドッグフードには、「開封後はなるべく早く使い切って下さい」などと表示されています。

ドライタイプのドッグフードなら、1ヶ月以内で消費するのがベストです。
但し、これも保存状態によって差があります。
湿気や温度の影響を受けないように、密封容器に保存しておくのがベストです。

ウェットタイプのドッグフードは、水分含有量が多いので雑菌が繁殖しやすくなります。
開封後は、その日のうちに消費するのがベストです。

最初はよく食べたドッグフードを急に食べなくなるのは、ドッグフードの風味がなくなったことが原因であることも少なくありません。
風味を逃がさないうちに与えることが大切です。
保存する場合も、1~2週間分ずつ分けて容器に移すようにしましょう。

賞味期間が1年でも、開封した後の期間が重要です。
小型犬などは、大袋のドッグフードを買うと風味が残っているうちに食べつくすことは困難です。
体格に合わせてドッグフードの量を選ぶことも必要ですね。

また、無添加のドッグフードは賞味期限も短く、開封後は早めに食べつくすようにしましょう。