危険なドッグフードの原材料

平成21年に「ペットフード安全法」が施行され、ペットフードに対する基準が明確になりました。
しかし、その基準はペット先進国の欧米と比較するとまだまだ緩いのが現実です。
一番の問題は、ペットフードは、「食品」ではなく「雑貨」として分類されていることです。
つまり、「食品」では禁止されている添加物や農薬でも、ペットフードでは認めれられているものがあるのです。

BHA(ブルチヒドキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)は、発ガンのリスクが報告されていますし、「エトキシキン」は、農薬では禁止され、食品の添加物としても認められていません。
このような保存料が表示されているドッグフードは要注意です。

ドッグフードには、多く含まれる順番に原材料が記載されています。
一般的には、「肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、保存料」の順番になっています。

肉類が多いのは、誰もが納得するかもしれません。
しかし、この「肉類」が曲者なのです。
肉類には、「○○副産物」「○○ミール」「○○粉」「○○パウダー」などと表示されているものがあります。
これらの肉類は、私たちが食べている「肉」とはかなりかけ離れたものなのです。

4Dミートという表現があります。
4Dとは、「Dead(死んだ)」「Dying(死にかけた)」「Diseased(病気の)」「Disabled(障害のある)」の単語の頭文字をとったものです。
つまり、人の食用では決して使われない肉が使われているのです。
価格の安いドッグフードにはこのような肉類が含まれている可能性が少なくありません。

「肉粉骨加工業者」という言葉は聞きなれないかもしれませんが、交通事故や病気などで死亡した犬猫の体をリサイクル加工して飼料やペットフードの材料として販売している業者のことです。
安いドッグフードの原材料は、このような業者から仕入れているのです。

考えただけでも怖ろしくなりますね。
しかし、ドッグフードにはこのような危険な原材料が含まれている可能性があるので、原材料をチェックすることは愛犬の健康のためにも必要なことです。