においを抑えるドッグフード

愛犬の悩みで多いのが、「におい」です。
体臭や口臭、ウンチやオシッコの臭い対策に頭を痛めている愛犬家は多いはずです。

これらの臭いの原因がドッグフードにある場合が少なくありません。
例えば、体臭の強いワンちゃんは、臭いのきついドッグフードやジャーキーなどのおやつを食べているケースがあります。

特に粗悪なタンパク質を使っているドッグフードは、アンモニアなどを発生しやすく悪臭を生み出すもとになります。
また、脂質や添加物なども体臭の原因になるので、ドッグフードを選ぶ際には、良質で添加物のないものがオススメです。

口臭の原因は、歯垢や歯石です。
この中に含まれる細菌が歯肉に炎症を引き起こします。
その結果、悪臭を生み出すのです。
歯石や歯垢がたまりやすいのが水分含有量の多いウェットタイプや半生タイプのドッグフードです。
口臭を防ぐためには、ドライタイプのドッグフードを選ぶのが良いでしょう。

ウンチやオシッコの臭いもドッグフードと無縁ではありません。
使用している部位や内容のわからない「○○ミート」やトウモロコシなど消化に悪い原材料のドッグフードは、アレルギーや消化不良を引き起こしやすくなっています。
それが原因でウンチや尿の臭いが悪くなるのです。

また、ドッグフード自体の臭いがきついものがあります。
このようなドッグフードは、コーティングのために、様々な油脂類や頭や足、内臓などの肉類、コーン油や大豆油などの廃棄物が使われています。
添加物などをチェックして、より良質なドッグフードを選ぶことが大切です。

カテキンなどを配合した消臭効果のあるドッグフードも販売されていますが、実際の効果は定かではありません。
ドッグフードで悪臭を予防するためには、腸内環境を整える働きのあるものがオススメです。
乳酸菌やオリゴ糖が配合されているドッグフードなら腸内環境が整えられるので、排便を良くします。
その結果、悪臭の予防にもつながります。

愛犬の悪臭予防のために、正しいドッグフード選びをおこなって下さい。