おすすめドッグフードの原料

ドッグフードを選ぶ時に、どうような基準で選んでいるでしょうか?
「国産だから」「有名なメーカーだから」などという理由で選んでいませんか?

確かに日本の衛生管理には優れたものがあります。
しかし、ペットフードの場合、重要なのは原材料です。
どのような原材料が使われているかがドッグフードを選ぶ際には、もっとも重要なポイントです。

ちなみに国産のドッグフードの原材料の表示部分を見て下さい。
「○○ミール」と記載されたものが多いのに気づくはずです。
これは、有名メーカーでも例外ではありません。
「○○ミール」とは、人の食用としては使用しない部位や4Dミートと呼ばれる死んだ動物や病気の動物などの肉が使われている可能性があります。
ペットフードに関しては、「国産=安全」という考えは、通用しないと言えるでしょう。

これは、法律的な違いが主な理由です。
ペット先進国であるドイツでは、「ヒューマングレード(人が食べられるレベル)」の物でなければ、ペットフードとして販売ができません。
日本の「ペットフード安全法」で認められている添加物や原材料も、ドイツの基準では認められないものが多いのです。

残念ながら、国産のドッグフードは、ドイツのドッグフードには安全面ではかなり劣っていると認めざるを得ません。

おすすめのドッグフードの原材料としては、「良質の動物性タンパク質」が含まれているものです。
タンパク質でも「大豆」のような植物性タンパク質は、消化するのに負担がかかるので避けた方が良いでしょう。

また、ドッグフードには長期保存のために酸化防止剤が使われています。
「エトキシキン」などの合成の酸化防止剤は発ガンなどのリスクがあるので、アスコルビン酸やローズマリー抽出物などの天然の抗酸化物質を使ったものを選びましょう。
「トウモロコシ」や「小麦」などの穀類はアレルギーの原因にもなるので、「穀物不使用(グレインフリー)」のドッグフードもおすすめです。

愛犬の健康維持のために、ドッグフードの原材料にはこだわりを持ちたいものですね。