おすすめのペースト状ドッグフード

ドッグフードでもっとも多く買われているのが、「カリカリ」と呼ばれるドライドッグフードです。
栄養バランスに優れているので、毎日の食事には最適です。
しかし、ドライフードは、水分が少なく硬くなっています。

犬も人間と同様で、赤ちゃんや老人は硬い物を上手く食べることができません。
また、歯の弱いワンちゃんもドライフードは苦手です。
このような場合は、ドライフードをふやかして与える方法もありますが、手間もかかります。

そこでオススメなのが、ペースト状のドッグフードです。
肉や魚をペースト状にしたウェットタイプのドッグフードです。
水分が70%~80%のものが多く、柔らかく食べやすくなっています。
食欲のないワンちゃんも喜んで食べてくれます。

臭いや食感は愛犬の嗜好性に合っているので、愛犬には大のご馳走です。
また、離乳期に与えると、離乳がスムーズに進められます。
老犬や歯の弱いワンちゃんには歯の負担が少ないので、喜んで食べてくれます。

但し、ペースト状のドッグフードは歯にカスが溜まりやすくなります。
こまめに歯磨きをしないと歯石がたまり歯周病などになりやすくなります。
また、ウェットタイプなので、保存料や添加物にも注意が必要です。
成犬にペースト状のドッグフードだけを与えると噛む力が弱くなるのでよくありません。
健康なワンちゃんにはドライドッグフードをメインの食事にするのがベストです。

また、ペースト状のドッグフードは美味しいので、他のドッグフードを食べなくなってしまう危険性もあります。
さらに、多くのウェットフードは栄養過多で食べ過ぎると肥満の原因になります。
ドライドッグフードと交互に与えるなど工夫することが大切です。

どうしてもペースト状のドッグフードをメインにしたい場合は、総合栄養食と記載されたものを選んで下さい。
但し、ペースト状のドッグフードはドライドッグフードよりも価格が高いので、多少の負担は覚悟しておきましょう。