低脂肪のドッグフードの利点

愛犬に美味しいドッグフードを食べさせてあげたいと思うのは、飼い主の親心です。
しかし、あまり美味しい物ばかりを食べさせていると気がつくと「肥満犬」なんて残念な結果になってしまうことも少なくありません。
特に注意したいのが「小型犬」です。
小型犬は肥満にならないように思うかもしれませんが、多くは室内犬で、運動不足になりがちです。
足も短めで、体重が増えると大きな負担になります。
このようなワンちゃんには、「ダイエット」が必要になります。

ワンちゃんのダイエットに効果的なのが、「低脂肪」のドッグフードです。
1日の摂取カロリーを少なくすることで、体重を減らすことができます。

低脂肪のドッグフードは、去勢して体重管理が必要なワンちゃんや運動量が少なくなっているシニア犬にも向いています。

低脂肪のドッグフードは、カロリーが少ないので1歳までの成長期の子犬には不向きです。
この時期は、もっともカロリーを必要としています。
体を作る大切な期間なので、高カロリーのドッグフードがオススメです。

また、普段から食事量の多い愛犬も、低脂肪のドッグフードではカロリー不足になってしまいます。
「無理なダイエット」は危険ですよ。

低脂肪のドッグフードは、肥満の改善や予防には大きなメリットがありますが、低脂肪だからと言って、低脂肪ドッグフードの全てが良いとは限りません。

低脂肪ドッグーフードは、脂肪の多い肉類を減らして穀類を多くしているものが多くあります。
犬は穀類の消化が上手くできないので、消化器官に負担がかかります。
できれば、穀物不要の低脂肪ドッグを選ぶようにして下さい。

愛犬にとってもっとも必要な栄養素は、「動物性タンパク質」です。
格安の低脂肪ドッグフードなどには、植物性タンパク質を使用したものが多くあります。
これでは栄養不足になる危険性があるので、動物性タンパク質を多く含んだものがオススメです。

安心して愛犬のダイエットができるように、低脂肪で高タンパク質のドッグフードを選択して下さい。