粗悪なドッグフードって?

ペットショップやホームセンターなどでは、格安のドッグフードが数多く販売されています。
毎日の食事代は安い方が経済的には助かります。
これは、愛犬の食事代も同じです。
少しでも安いドッグフードを選びたいのは多くの愛犬家の本音と言えるでしょう。

しかし、注意したいのは、人の食品とドッグフードでは安全に関するレベルが異なることです。
ペットフードの安全性の基準は法律で決められていますが、あくまでも「雑貨」としての基準であり、人が食べる基準とは大きくかけ離れています。
ペットフード協会などでは、安心で安全なペットフードを提供できるように、より厳しい基準を設けていますが、あくまでも自主性に任せられたもので、流通している全てのドッグフードが安全とは言い切れません。
「粗悪な」ドッグフードが流通しているのは否定できないのです。

では、「粗悪な」ドッグフードとは一体どのようなものなのでしょうか?
ドッグフードの質を見るには、「原材料」が重要です。
どのような食材が原材料として使用されているかをチェックすることが大切です。

原材料に、「○○ミール」や「○○ミート」、「○○パウダー」、「○○エキス」、「肉副産物」などと表示されているものは要注意です。
これらは、「肉」をメインに使用しているイメージがありますが、肉の質が人が食べるものと大きく異なっています。
「死んだ動物の肉」「病気の動物の肉」「死にかけている動物の肉」「障害のある動物の肉」など、人の食品では絶対に使用しない肉が使われているのです。
これらは、「4Dミート」と呼ばれ粗悪な肉の代名詞にもなっています。

また、見た目がカラフルなドッグフードも避けましょう。
このようなドッグフードは、合成着色料を使用しています。
犬は色で美味しさを判断しません。
これらの着色料は飼い主が見た目で選ぶようにしたものですから、愛犬には関係ありません。
着色料の中には危険なものもあるので、見た目で判断しないことが大切です。

当然、添加物や保存料にも注意が必要です。
特に保存期間の長いドッグフードには危険な保存料が使用されている場合が少なくありません。

海外のドッグフードは、日本より法律的な規制が厳しいので安心安全なものが多くあります。
しかし、これも正規品の場合で、格安の並行輸入品などは、輸送中の保存環境に問題があることも少なくありません。
海外のドッグフードを購入する際は、正規の販売代理店から購入するのがベストです。

粗悪なドッグフードは、愛犬の体調を害する危険性があります。
安いという理由だけでドッグフードを選ぶのは考え物ですよ。