好き嫌いの激しい犬にしないために

いつもあげているドッグフードなのに食べないでソッポを向いてしまう、仕方ないから別のドッグフードをあげるとガツガツ食べのに、時間が経つとまた食べなくなってしまう・・・ そんな経験はありませんか?
これは、犬の好き嫌いが原因です。
犬が好き嫌いをする理由はいくつか考えられます。

ひとつは、母体にいる時の影響です。
胎児は母親が食べていたものを栄養素として吸収しています。
その食べ物を自然と好むようになっているのです。
母親が食べていたドッグフードが好き嫌いの基準になってしまいます。

もっとも、大きな理由は「わがまま」です。
多くの愛犬家は、犬をしつけているつもりで、実は逆に「しつけられている」のです。

ドッグフードを食べないと、違う美味しいドッグフードを出してくれる。
つまり、食べなければ別のものが出てくると学習するのです。
飼い主は、愛犬の「わがまま」に動かされているという悲しい状態を作り出しています。

基本的に、犬には満腹感がありません。
味覚に対しては人よりは鈍感ですが、「甘味」には敏感です。
甘味が少ないと食べなくなったりします。

好き嫌いをなくすためには、まず「おやつ」を与えすぎないことです。
おやつは、愛犬にはご馳走ですから、ドッグフードを食べなくなってしまいます。

ドッグフードを残したら、すぐにお皿を片付けましょう。
常にお皿にドッグフードが入っていると、「いつでも食べられる」と思ってしまいます。
飼い主のタイミングでドッグフードを与える習慣をつけて下さい。
しばらくは、おやつを与えないことも必要です。
成犬であれば、1日何も食べなくても大丈夫です。
しつけは、愛犬との「我慢比べ」です。
愛犬のわがままに負けない気持が大切ですね。

愛犬を甘やかしても良いことは何もありません。
気がつけば丸々太った肥満犬になって、体に不調が出てくるリスクが高くなります。
愛犬の健康維持のためにも、しっかりとしつけるよにしましょう。

但し、加齢や体調不良が原因で食欲がなくなる場合もあるので、愛犬の体の変化には注意が必要です。
おかしいと感じたら、動物病院の医師に相談して下さい。